パラテコンドーとは

田中光哉選手

上肢障がいの選手によるキョルギ(組手)と、知的障がいの選手によるプムセ(型)の2種目があり、2020年東京パラリンピックからパラテコンドー競技(キョルギ)の採用をが決定しています。
2009年に初めて世界選手権が開かれた新しいパラスポーツであり、日本では東京パラリンピックでの実施競技採用決定をきっかけに、2015年から本格的に普及活動が始りました。

【パラテコンドーキョルギ】
上肢障がいのキョルギは腕の切断部分などにより4つのクラス(K44〜41)に分けられ、さらに男女それぞれ体重別に3階級に分けられる。有効ポイントは蹴りによる胴への打撃で、健常のテコンドーとは違い、パンチ(突き)はポイントにならない。また現行ルールでは頭部への攻撃も禁止されている。

【パラテコンドープムセ】
知的障がいの選手によるプムセ(型)です。

洪人館所属の田中光哉選手(パラテコンドーキョルギ日本代表)をはじめ、東京パラリンピックをめざして練習をしております。
ご興味のある方、学校や団体様は是非一度ご連絡ください。